金曜日, 3月 26, 2010

フォトインパクトを使って

最後の講座がありました。各人が好きなように作品を作っていました。
今まで疑問に思っていたこと、家ではどうしても先に進めなく途中で挫折したりした箇所を質問したり楽しいひと時が過ごせました。

教室で作った絵です。

月曜日, 3月 22, 2010

動画サークル


video

デジカメで撮った映像をビデオに編集しました。


デジカメの動画機能で 「白鳥を撮る」それをビデオに編集する講座に参加しました。
白鳥の動画映像は全滅でしたので、日ごろ見慣れているメジロとヒヨドリを家で撮り直して作り替えました。
クラシックの美しい調べ(タイスの瞑想曲)をお届けします。

土曜日, 3月 20, 2010

愛猫が夢に


2年前に20歳の天寿を全うした愛猫です。
目がグリーンのとっても可愛い猫でした。生涯でたった一度飼った猫でした。

その猫が夢か現(うつつ)か判断ができない状態で私の前に現れるのです。
こんな話は気味が悪いと思う方はこれから先を読まないで他のページに移ってくださいね。

確かに夢だとは言い切れないし、現実とも言い切れない自分が心もとないのです。
現れる時は夜に限られ、床の中に居るときだけですから、夢なのかな。
自分としては目を開けているつもりなのです。生きていたときのように、枕元から入ってきて中でくるりとユーターンをして私の肩先に顔を寄せてきたり、胸の上に乗ったりします。
時には足元から入ってくるときもあります(その時はすぅっと冷気が入ります)。
最初のうちは両手に触れるあの毛並みの柔らかさと温もりが懐かしくてうれしくて抱きしめてやりました。

そのうちに猫だけではなく、他のものもつれてくるようになりました。
すると金縛りになり、思考能力があるのに、体がいうことをきかなくなるのです。
起き上がろうともがくけれど、声も出せないし身体の自由が利かない。地の底に引っ張られるような思いをしました。

そんな経験をたびたびするようになりました。
「今度猫に言っておけ『誰も連れてくるな』と」家人はそう言って笑います。

私自身は20年も飼って、十分覚悟していたし、ペットロスなんてあるはずが無いと今でも思っています。
友人は「猫ちゃんが、この世に未練があるのよ」とか「猫ちゃんがあなたのことを心配しているのよ」とか慰めてくれます。

親交のある医師が指導してくれました。
「ありがとう、私は大丈夫だからね」と言って撫ぜてあげて、光に帰してあげてください。

その後は数ヶ月間は何事もなく過ぎました。
ところが又、夢に出てきたのです。今度ははっきりと夢だと言い切れますが。
こんな経験がある方はいらっしゃいませんか。

月曜日, 3月 15, 2010

セツブンソウ

セツブンソウが咲いたと喜んでいたらあの大雪でぺちゃんこに。
雪解けの花は見るも無残になっていました。

フクジュソウをくれると呼ばれてもらいに行き、セツブンソウの状況を話したら
「すぐにぴんと頭を持ち上げてくるさ、種がこぼれて増えるよ」と言われました。

本当に周りに小さい葉がたくさん芽を出して昨年より増えています。
5輪だった花が8輪に増えました。

ところが、昨年知人から戴いたユキワリソウはたった1輪しか花をつけませんでした。こちらのほうが絶えてしまいそうで心配です。


戴いてきたフクジュソウは家にあるものとは大違い黄金色に輝き気品すら感じられます。
雪があったらもう少し風情があるかな?

土曜日, 3月 13, 2010

スズメとメジロのツーショット



強い風にあおられて餌台が傾き、餌が片側に寄ってしまいました。
つがいのメジロが仲良くついばんでいると、スズメの大群が押し寄せてきました。
どうするか興味深々で眺めていると、最後までメジロは特等席で頑張り通しました。

今朝はどうしたことか、ヒヨドリの姿が見えません。いつもはヒヨドリの独り舞台です。

メジロの1羽が場所を離れるとスズメがにじり寄ってきます、そしてとうとう並びました。
「あのねぇ・・」と話しかけているようです。

久しぶりの休日でのんびりしていたので、逃げられないようにゆっくり遠くから最大ズームで撮りました。

金曜日, 3月 12, 2010

愛犬初デビュー



柴犬の雄10歳です、愛称「リュウ」初デビューで~す。
ラクちゃん、双子のティノちゃん、バレンちゃんそしてラブちゃん、キャンディちゃん、きららちゃんと皆さんの愛犬がブログに登場されるたびに、リュウも披露しなければと思いながら、写真嫌いの愛犬はポーズを取ってくれませんでした。

「リュウちゃんは元気?」と聞かれ元気だよと答えながら早くデビューさせなければと思っていました。
もう10歳、餌もシニア用を与えています。
子犬の柴犬は今の姿を想像できないくらいコロコロと太っていて可愛くて人目ぼれでした。
我が家にやってきた時には「鉄竜号」というりりしい名前で愛称「テツ」と呼ばれていました。

親戚に哲(てつ)夫さん、哲子さんがいらっしゃるのでちょっとまずいかな?と愛称を「リュウ」に替えました。
これからたびたび登場させます、よろしくお願いいたします(^_-)-☆

水曜日, 3月 10, 2010

大雪にびっくり


今朝8時の積雪の風景です、重さで倒れそうです。

ところが午後1時の風景です、すっかり木々の雪は溶けてしまいました。
春の日差しは強いのですね。


昨日から降り続いた雪、今朝はご覧のような雪景色です。
少し前に名古屋の方が雪だ~と喜びのブログをupされたのを拝見しました。
見てくださっているかしら、こんなにどっさり降りましたよ。
今朝は雪かきが大変でした。
でも午後には春の日差しでどんどん溶けて、コンクリートは水浸しです。

十数年前の一月に百年に一度という大雪が降ったことがあります。前に降った雪が溶けず、その上に降り積もって100センチくらいになったのでした。
我が家ではアルミの車庫が潰れて車が2台被害を受けたことがあり、今でも語り草となっています。

春の雪は重く今年も同じ過ちを犯すところでした。昨日のうちに車庫の雪を下ろしておいたお陰で無事でした。
昨日は 妙に国道が混雑すると思っていたら、中央道が通行止めの影響だったようでした。
「雪かき機も今年は出番がないね」なんて言っていた矢先でした。
椿も咲き出したのに、寒さで茶色に変色してしまいます、今晩はあまり冷え込まなければよいのですが。

水曜日, 3月 03, 2010

お雛様を飾る

フキノトウがたくさん採れたので、フキ味噌と酢の物にして夕飯に戴きました。香りと苦味が独特な春の風味です。



今日お雛様を飾りました。この地方では桃の節句も旧暦で行われますので本来は4月3日です。
持ち主は年毎に老いてゆくのに、お雛様は何年たっても美しく白いお顔のままです(当たり前だよね(#^.^#)
お内裏様とお雛様の座る位置は「京風」と「関東風」で異なります。我が家では向かって左側にお内裏様、右側にお雛様を飾ります。この飾り方は「関東風」とのことです。左右を反対にすると何故かしっくりしません。
結婚式の新郎新婦の位置も関東風なのでしょう。詳しい説明はこちら
久しぶりに華やいだ気分になりました。

「飾らなければ目が悪くなる」とか、「いつまでも飾っておくと嫁に行けなくなる」の古の人の言い伝えがあります。、娘が小さかった時は気になってその言い伝えに逆らわないようにした記憶があります。娘も自分のお雛様を持って嫁ぎましたが飾ったかしらと案じています