金曜日, 5月 31, 2013

病気見舞い

 
ニリンソウ
    友人が大宮の病院に入院しているので、横浜の友と落合い見舞いに行ってきた。
脳梗塞で2か月半、毎日かなりハードなリハビリを受けている。

    約束の時間より早く着いたので、リハビリから戻ってくるまでエレベーター前で少し待った。
車いすを想像していたが、杖をついて「ひざが少し痛いんです」くらいな歩き方でリハビリから戻ってきた。

スモモ(乗鞍高原)5月17日

    都心の国立系の大病院でベテラン看護師として定年まで勤めた彼女が何故大宮の病院に?
古巣の病院に入院できなかったの、血圧は? 前兆は? など矢継ぎ早に質問の嵐を浴びせた。
顔つきも、言葉使いも以前のままで脳梗塞を患ったなんて信じられない。

    旅行に行くための準備で左の手足に違和感を感じていながら、ひとまず一緒に行く大宮のお兄さんの家にたどり着いた。
歩き方がおかしいと言われ、階段も登れなくなり救急車で運ばれたところが、偶々この病院だった。
血圧は薬を飲んでいたので、正常範囲。

    入院当時は左半身が思うように動かなく車いすにも、一人では座ることができなかった。
点滴から投薬と段階的な治療と日々のリハビリのお蔭でここまで回復できたと、筋を追って話してくれた。
未だ、手足にむくみが残っているので、自身でもマッサージをするよう指導があったと言って、見せてくれた手は、指先が曲がらないほど腫れていて痛々しい。

    これから自立のためのテスト外泊で兄の家に一泊、それが成功すれば、自宅にて一人でお泊りそしていよいよ退院になる。

    退院してからのためにカレーを作る練習もしたよ、ジャガイモの皮もむけたよ、と笑っていた。
良い病院に入院したね、日本橋のマンションで人も羨む優雅な一人暮らし。
でも、そこで発作が起きていたら、と想像しただけで・・・。

   疲れさせてはいけない、早く帰らなければと思いながら久しぶりに3人そろうとおしゃべりが止まらない。
「6月下旬には退院できるから、7月になったら東京で会おうね、もう来なくて良いから」と見送ってくれた。



  




4 件のコメント:

てんとうむし さんのコメント...

よかったですね(^^♪

案じおりましたので、ホッといたしました。

ちょろ さんのコメント...

本当に良かったですね。
お兄さんのところに居たのが幸いかも。
無理して 大きな脳梗塞にならなくて良かった。
カレーを作ってジャガイモが切れたって・・・私も同じことで感激・・・
数か月前の自分を思いだしました。

hiroko ai さんのコメント...

本当によかったね!
人事とは思えない思いで拝見しました。

この頃歳をとるってこう言う事なのかと、つくづく感じ寂しさを覚えています。

yosiko koko さんのコメント...

お友達お元気になられて本当に良かったですね。
お互いに気を付けましょうと思います。