水曜日, 9月 02, 2009

優雅な魚:ベタ



  最近飼い始めた魚のベタです。かえる物語にも登場しました。オスです、魚の名前をそのまま使ってネーミング、「ベタちゃん」と呼んでいます。
  うたい文句は「優雅な水中花」一目惚れで買ってきました。

  昔、熱帯魚を飼ったことがありますが、水槽の掃除や塩水の管理、温度管理が大変でした。そして掃除の後、温度設定を間違えて温度が高すぎ全滅させてしまった経験があります。それ以来、飼うことをやめました。

  それなのに、なぜ(?_?)・・・と思われるでしょう。それは、管理がとっても楽なのです。小さなコップでも飼うことができます。だから水の交換も簡単で、市販の顆粒のえさを朝晩与えるだけ、どんな無精者でも飼えるのです。

  最近は金魚鉢の側面をコツコツと叩くと寄ってくるようになりました。鳥や動物はオスの方がメスと比べて立派で美しい種類がおおい。ベタもオスは大きくてひれがレースのようにひらひらと美しく優雅です。赤いベタも飼ってみたいのですが、オスは闘争本能が強く、2匹を同じ容器では飼えないとの説明書にあります。ちょっと残念です。

 

3 件のコメント:

yagi さんのコメント...

すごい優雅な魚なんですね、こつこつすると寄ってくるというのでは可愛くてしかたないですね。いろんな発見がこれからあるかもね

ちょろ さんのコメント...

ベタの餌って書いてあったので「ベタ」って何だろうって思っていました。
こんなに可愛い魚なんですね。
だんだんhanonさんに慣れてきて・・・ますます可愛くなりますね。

doratya さんのコメント...

かえるちゃんも可愛かったけど、今度は魚のベタちゃんですか。飼っていると情も沸いてきますね。生き物を飼うのは難しいですが、それ以上に得るものがありそうですね。