月曜日, 3月 03, 2008

新井満さんのCDブック


 昨年6月札幌の親友が闘病の甲斐なく急逝されました。
あまり急だったので私自身も大変な衝撃を受け悲しみにくれました。
その時、手元にあったのがこのCDブックでした。
日ごろ好きでよく聞いていた「千の風になって」の作者自身が歌っているCDです。
 一昨年の紅白で秋川雅史さんの素晴らしい歌唱でブレイクしたあの曲です。
このCDブックは訳詩、作曲者である新井満さんが自ら歌唱し、この曲が出来上がった経緯などを「あとがきに代える断章」として美しい写真と共に添えられているのです。
 妻を亡くした親友のために何もできない自分、自責の念に駆られ悶々としていた日々。
この英語の詩に巡り合い数年を経て出来上がった曲を披露して初めて宿題をやり終えた気がしたと結びの文章に書かれています。
 
 私も何度も何度も聞いて口ずさんで、断章を読んで癒されていた日々だったので、葬儀から1ヶ月後に手紙に添えてこのCDブックを彼女のご主人に送ったのです。
音沙汰もなく月日が流れ、そして今日突然長い手紙が届きました。
体調を崩していたので曲は聞いていたが、本は読んでいなかったこと。
ようやく気を取り直して本を手にして闇から抜け出たような気がした、もっと早く読めば良かったとのこと。
妻も風になって自分たちの周りに・・・これからの人生を前向きに生きて行くとのうれしい手紙です。
 
 それ以後、お母さんを亡くした友に紹介したら、この本で癒されたと、またその友にと紹介の輪が広がっている。

8 件のコメント:

sora さんのコメント...

お手紙良かったですね

fuki さんのコメント...

この詩によって心が癒されたり、元気を貰ったり、勇気が湧いてきたり色々感じありがたいですね、心を揺さぶる感動の詩すばらしい。

マロ・ココ さんのコメント...

hanonさんの優しさに、思わず涙が。一昨年私も身近な人が突然。本当にあっと言う間に旅立ってしまいました。涙が毎日乾く間もないほどで、そのショックで思いがけない病気に・・・病院で色々な検査、レントゲンだけでも8枚。強いストレスを受けてなること、普通の30倍の数値に先生も驚いていました。先行きの君に、雷がなり続けてた曇り空を思い出しました。

ちょろ さんのコメント...

私も大ブレークする前から、新井満先生のこの詩と歌が大好きでした。
詩や歌は人を元気にしてくれます。
本は読んでいません。読んでみようかな・・・

noko さんのコメント...

hanonさんのブログ、読ませていただき思わず反省しました。
私も2月末に友が旅立ちました。
友のやせ細った弱弱しい姿が、脳裏をかすめて心が沈みます。
でもご家族はもっと悲しい思いをしているのですね。
せめてお彼岸には、お花を持って行ってこようとおもいました。

aotama さんのコメント...

いろんな場面で人の心をなぐさめて上げられる事って気遣いっていうのかな、なかなかできないこと犬、猫でも出来るのにって思うことあるんですが、それが出来たってことすばらしいですね。わたしも近い内に手術する友がいて心細がっているけど、どんな励ましが出来るのかって考えているとこなんです。

さんのコメント...

しっとりした新井満さんの歌、いいですよね。 お陰様で時々聞いています。

hanonさんのお陰で、とても良い思いをさせていただきました。
改めてありがとう!

kokoro さんのコメント...

千の風になって私も良く聞く曲です。
この詩そして素敵なメロディーに
心癒されます。
この曲を聴く人それぞれ色々な思いを
抱かれ心に響き感動していることでしょう。
悲しみに暮れる方の気持ちを和らげる
hanonさんの優しさが伝わって来ます。
本は読んでいません。読んでみような・・・