火曜日, 10月 21, 2008

諏訪市立蓼科保養学園

     
 Nちゃんから家人へ誕生日を祝う葉書が届いた。彼は諏訪市の小学5年生で現在自分から志願して親を説き伏せ諏訪市立蓼科保養学園の3期生として親元を離れて3ヶ月間の共同生活を送っている。

 蓼科保養学園とは茅野市の蓼科高原にあり諏訪市内7つの小学校5年生の希望者を対象に1年間を4期にわけて共同生活を送る児童養護施設です。学校がそのまま移ります。職員も充実していてしっかり目が届くようです。各学校から5~6人くらい、クラスからは2人とか。

 3期生は10月6日からクリスマス頃までを過ごします。親との面会はその間1度あるだけで、テレビのない規律正しい生活をカリキュラムに沿って送ります。彼なりの目標を立てて参加したことだろう。前向きな彼の決心に拍手を送るとともに、やっと11歳になったばかりの少年がと思うと不憫で仕方がありません。

 3ヶ月後、成長したNちゃんに会えるのを楽しみに、時には励ましの手紙を出そうと思っている。当市にもこんな制度があるのだろうか。

6 件のコメント:

ちょろ さんのコメント...

Nさんに会える3ヵ月後が楽しみですね。
きっと大きく成長していることでしょうね。
マクロ撮影とっても素敵です。
綺麗に撮れていますね。

kokoro さんのコメント...

Nちゃんの体験学習何時か
きっと役立つことでしょう。
頑張れるって素晴らしいですね。

写真しっかり勉強されていて
マクロ撮影とても良いですね。
羨ましいな~

aotama さんのコメント...

こんないい子にどうしたら育つんでしょうね、マクロよく撮れていていいですね。

さんのコメント...

Nちゃん頑張っているんだね。えらいなぁ!
会えるのたのしみですね。


マクロとても素敵!いいなぁ~。

fuki さんのコメント...

しつかりしたお子さんですね。えらいと思います。感心して読みました。
マクロのお勉強も頑張ってのぶちゃんも、えらい。

noko さんのコメント...

Nちゃんは、なかなかしっかりしたお子さんで、成長が楽しみですね。