火曜日, 5月 10, 2011

キジのカップル

メスのキジをじっくり見たいと思っていたら、いた~。


毛並みは山鳥とかウズラのように茶色。畑の中に居ると同化して見分けにくいので見過ごしていたのだろう、大きさは雄とあまり変わらない。

ペンペン草(ナズナ)をついばんでいる雌のキジ

すぐそばに「ケン ケーン」と雄が鳴いていた、近寄ってくれればツーショットが撮れるのに、待ったが限がない、少しは歩かなければ。

毎朝のウォーキングは今のところ続いている。
場所は決まっていないがキジを見かける日が多い。
カメラとウォーキング、どちらが優先? やはりカメラになってしまう。

遠すぎて撮れないこともあるけれど。鳥好きな家のおじさんは辛口の批評をしたうえで喜んでくれる。
鳥好きは私にも伝染している。花を撮るよりも楽しく熱中してしまう。


「二人静」かな?
植え込みの中にひっそりと咲いていて数年間気がつかなかった。名前も分からなかったけれど、「一人静」を見る機会があり、それとよくよく似ている。こちらは花が二つ。だから勝手に「二人静」ということにしておいた。調べてみなければ。

4 件のコメント:

doratya さんのコメント...

キジのメスはあまり見かけないです。もっともキジ自体最近見ないです。いつも見られていいですね。オスとメスの違いが分かりました。趣味と健康を兼ねてウォーキングをお続けください。私もウォーキングの時ポケデジを持ってます。

azumi さんのコメント...

お久しぶりです。キジのカップルの様子を静かに見守る2人連れ楽しきお散歩かな、いいですね。

kokoro さんのコメント...

こんな近くでキジのカップルの写真が撮れる
良いですね~素敵な写真に感動!

ウォーキングを続けられるって健康と気力の
基礎でしょうね。楽しくお散歩いいな~)^o^(

fuki さんのコメント...

キジの写真また今年も見せてもらえて嬉しいです。よろしくね。
ウォーキングも頑張ってね