土曜日, 5月 31, 2008

ナデシコ



 古典や日本文化に造詣の深いある方がこの花を示しておっしゃった。
「この花びらの造作をご覧なさい。何か訳があってこの様な形をしているのですね。その意図を知りたい」。
我が家には無いがよく見かける。
見過ごしてきたが、花びらに切り込みがたくさん、私も知りたいと思った。



 雨に濡れて紫色があまりにも際立っていた。
あやめ?花菖蒲?名前はわからないが日本のものらしい。

4 件のコメント:

doratya さんのコメント...

なでしこの花よく見かけますが、この花の切り込みには、深いわけがあるのでしょうか。花はすべてバランスのとれた美しい形が多いですが、それぞれ個性があるんですね。なでしこともう1枚の写真やさしい感じに包まれてる感じでいいですね。

ミセス ドッジ さんのコメント...

昨年八王子の友と明治神宮へ行きました。

時期が違いましたが、神宮の庭園内に美しい菖蒲池がそれなりの広さであります。

どうしても梅雨の頃になりますが。

ちょろ さんのコメント...

私もなでしこの切り込みの意味を知りたいですね!
あやめ(?)の花は鮮やかですね。雨がすごく綺麗にしていてくれます。

さんのコメント...

ナデシコ綺麗に撮れましたね。

ナデシコの名の由来って“可愛い子をなでる”という意味だと書いてありました。
清少納言も美しい花として評価したともありました。

色々な花が楽しめていい時期ですね!